So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年02月 |2010年03月 ブログトップ

自民様変わり「派閥」に代わって「勉強会」(産経新聞)

 自民党各派閥の衰退が著しい。昨年の衆院選で所属議員数が激減したうえ、野党転落によりポストの配分機能が大幅に低下し、資金力にも陰りが生じているためだ。執行部からは、「派閥解消論」まで飛び出しており、派閥の存在意義が問われる事態になっている。その一方で、舛添要一元厚生労働相らを中心に、派閥や党を越えた「勉強会」が相次いで発足するなど、党内力学は様変わりの様相となっている。

 「今、自民党の派閥に弊害があるのか。全くない」(町村信孝元官房長官)

 「執行部が落選議員らを物心両面で面倒みて、選挙応援もしてくれるのか」(伊吹文明元幹事長)

 25日昼に開かれた各派総会であいさつに立った幹部はこぞって「派閥解消論」の打ち消しに躍起となった。石破茂政調会長や田野瀬良太郎総務会長らが最近、解消論を口にしていることが背景にあり、実際、石破氏は24日の記者会見で、「(派閥が持つ)選挙、政策の機能は党に集約すべきだ」と主張した。

 各派幹部は、解消論が党内で広がれば、自身の立ち位置が複雑になることから、神経をとがらせている。石破氏が会見した同日夜には、町村、伊吹、古賀誠元幹事長の3氏と額賀派会長の額賀福志郎元財務相が会談し、「彼(石破氏)らはどういう環境で政治家になれたのか忘れている」などと異口同音に不満を漏らしたのも、そのためだ。

 ただ、25日に開かれた各派総会の出席者は、メンバーの半数程度にとどまるなど、最近の派閥には、かつての盛況ぶりはみらない。資金面から派閥運営にも苦労しており、伊吹派は近く、派閥事務所の規模を縮小するほか、高村派と山崎派は、事務所が派閥会長の個人事務所に“吸収”される。

 一方、派閥総会とは対照的に、有志議員による勉強会はにぎわっている。山本有二元金融担当相らが所属する政策グループ「のぞみ」に所属する5人と、無所属の平沼赳夫元経済産業相らの「平沼グループ」3人は、各派総会と同時刻に都内の料理店で初めて顔を合わせ、今後も意見交換を継続することで一致した。午前には、執行部と距離を置く舛添氏が会長の「経済戦略研究会」も2度目の会合を党本部で開き、22人の国会議員が出席した。

 中川秀直元幹事長や与謝野馨元財務相もこうした動きをみせており、自民党では今後、派閥重視派のベテラン議員と勉強会で再生を図る勢力との綱引きが活発化しそうだ。

【関連記事】
仁義なき戦い? 民主、参院岐阜の2人目に自民議員秘書を擁立へ
衆院議長不信任決議案を否決
無節操?公明のラブコールに民主ニタニタ 社民は“キーッ”
自民党が議院運営委員長解任決議案を提出
自民が審議復帰へ わずか3日でギブアップ

<皇太子さま>思いやりの心を持って 50歳会見(5)(毎日新聞)
「すぐ戻る」と逃走、追いついた運転手を暴行 タクシー強盗容疑で中国籍の男逮捕(産経新聞)
「高校無償化」の留保撤回へ=国際人権規約で対応−政府(時事通信)
<新型インフル>余るワクチン 欧米でWHO非難も(毎日新聞)
スーパー入り口に2乳児遺体=凍結状態、ポリ袋に−愛知(時事通信)



無登録でモンゴル投資募る=100人から5億円超集金か−容疑で業者捜索・警視庁(時事通信)

 モンゴルの資源開発への投資名目で、無登録で出資を募ったとして、警視庁生活経済課は19日、金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で、東京都江戸川区の投資顧問業「東京プリンシパル・セキュリティーズ・ホールディング」の関係先二十数カ所を家宅捜索した。
 同課によると、2008年12月から09年9月の間、高齢者を中心に、約100人から5億円以上を集めた疑いがある。 

【関連ニュース
投資会社社長に有罪=ペイントハウス事件
投資会社社長に懲役5年=未公開株投資名目で詐欺
国内商品連動型投信を上場=初値下回り取引終了
ニイウスコー元会長ら逮捕=架空売り上げで虚偽報告
ニイウスコー元会長を逮捕へ=売上高計上で虚偽記載容疑

放火罪の被告に無罪…大阪・西成の3人死亡火災(読売新聞)
<自民党>野田聖子議員、総裁選出馬に意欲(毎日新聞)
遮断棒折れ2万1000人影響 大阪の東海道線(産経新聞)
クレーン車横転 6人死傷 操縦士ら書類送検へ 業過致死傷容疑(産経新聞)
<消費税>「景気が後退」「必要なら」…閣内に温度差(毎日新聞)



治療日数を約3倍に水増し 詐欺容疑で柔道整復師ら再逮捕 (産経新聞)

 柔道整復師らが通院日数を水増しして、損害保険会社から交通事故の治療費をだまし取っていた詐欺事件で、警視庁交通捜査課などは、詐欺の疑いで、柔道整復師、水合修(41)=東京品川区西品川=と会社役員、小山寿彦(44)=港区港南=の両容疑者を再逮捕した。同課によると、水合容疑者は容疑を認め、小山容疑者は否認している。

 逮捕容疑は、平成17年11月から19年1月にかけ、小山容疑者が約40回しか治療を受けていないのに、約130回治療したとする虚偽の施術費明細書などを損害保険会社に送付し、治療費や慰謝料として計約160万円を指定口座に入金させ、だまし取ったとしている。

 同課によると、小山容疑者は17年8月に千代田区内で交通事故に遭い、首を痛めたとして治療に通っていたが、警視庁はこの事故を把握していないという。水合容疑者は「数年前からやっていた」と供述しており、同課は水合容疑者らが同様の手口で数百万円をだまし取ったとみて、詳しく調べている。

【関連記事】
東大阪市が国民健康保険料 10億円“取りすぎ”
先生も「補習やりたくない」 点数水増しで停職4カ月
建設国保で730件虚偽加入 札幌市周辺の法人事業所
損保会社から80万騙し取る 架空や水増し、柔道整復師と患者を逮捕 警視庁
「水増しの意味、わかるよね」公判で明らかになった呆れた実態 柏崎市職員の公金詐欺事件

中・重度者向けの在宅介護サービスを開始へ―ジャパンケア(医療介護CBニュース)
石原知事、高橋の銅メダル「まあ、銅から始めようだな」(産経新聞)
18日に米地裁で意見陳述=グーグル訴訟で日本ペンクラブ(時事通信)
普天間移設、官房長官が県内移設を示唆(産経新聞)
お祝いすると父娘仲良く? =「ひな祭り」ネット調査−カルピス(時事通信)




-|2010年02月 |2010年03月 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。